ペットは心の中に。

ペット葬儀・ペット火葬・ペット霊園 「ペットは心の中に。」かわいがってたペットの最後の別れをお手伝い。

通夜・葬儀・法要について

供養

火葬したペットの遺骨をご自宅で供養する場合と葬儀場、霊園などの納骨堂で供養する方法があり、中には供養塔、慰霊碑など永代供養をしてくれるところもあるようです。

供養の期間は飼い主の方のお気持ちの整理の問題ですから、いつまでといったはっきりした区切りがあるわけでないのですが、一般的に霊園や納骨堂では仏教にのっとった初七日、四十九日や命日など法要するケースが多いようです。

自宅で供養

返骨された遺骨をご自宅で供養します。 小さくても祭壇を作って遺骨を置きお花などをかざって供養してあげるといいと思います。 初七日や四十九日をもって霊園などに改めて埋葬してあげるケースが多いようです。土地のある人で庭などにお埋めになることもあります。

遺骨を使い、写真立て・ペンダントなどメモリアルグッズを作ってくれるところもあり、おススメです。

合同法要

霊園や納骨堂では年に何度か合同で法要する合同法要日を設けています。 どなたでも日付を確認して参加することができるようです。

永代供養:供養塔などを用意して永代供養してくれるところもあります。

 

通夜、葬儀、法要のちがい

通夜
葬儀の前夜、家族、親戚、知人が集まって、夜を徹して死者の霊を守り、慰めることを言います。

葬儀
故人の冥福を祈り、成仏することを願って遺族や近親者が営む儀式をいいます。

法要
身内や親しかった知人などが集まって故人の冥福を祈る行事で、追善供養とも呼ばれます。初七日忌、七七日忌、一周忌、三回忌などと続きます。

注目サイト

錦糸町でデリヘルを探すなら
http://www.t-classy.com/main/


  UP

火葬
・火葬の方法
・搬送車・送迎車
・火葬車
・火葬の種類

葬儀・通夜
・供養
・通夜、葬儀、法要のちがい

信頼できる業者選び
・ポイント1
・ポイント2
・ポイント3
・ポイント4

ペットロス症候群
・ペットロス症候群とは?
・ペットロスの認知度

ペットロス症候群2
・症状 その1
・症状 その2

>>お問い合わせ

Copyright (C) 2008 ペットは心の中に。.All Rights Reserved.