ペットは心の中に。

ペット葬儀・ペット火葬・ペット霊園 「ペットは心の中に。」かわいがってたペットの最後の別れをお手伝い。

ペットロス症候群について2

ペットロスの具体的な症状 その1

ここでは少しでもペットロスへの理解が深まることを願い、ペットロスの具体的な症状について詳しく紹介していきたいと思います。

まずペットロスとは、ペットを亡くしたことによるショックなどで急激に変化した心理状態の事を言います。

・茫然として何も考えられなくなる
・周囲に対する怒りを覚える
・自分への罪悪感にさいなまれる
・何もやる気がおきなくなったり、拒食症になる
・急に悲しくなったり、うまく話せなくなったり、感情が不安定になる

などの症状があり、そうした状態が続く期間や程度は飼い主さんによって様々で、一概に言えるものではありませんが、ペットを家族以上に可愛がるなどいわば「依存」とも言えるほどペットとの距離を保てなくなっているような方ほど、深刻なペットロスからなかなか抜け出せないという傾向があるようです。

ただ、理解して欲しいことは程度の差はあっても基本的に全ての飼い主さんにペットロスは訪れるという事です。なので、飼い主さん自身はそうした心境に自分がなって、自分の感情のコントロールができなくなったとしても、それを異常なことだと考え、自分自身を否定したりは決してしないでほしいと思います。

また、ペットを亡くした飼い主さんの周囲の人やペット葬儀会社の担当者の方々は、飼い主さんはそういった心理状態をもっとよく理解し、それを受け入れてあげてほしいと思います。

 

ペットロスの具体的な症状 その2

ペットロスの程度や期間は人によって様々ですが、ほとんどの方が次のような2つの段階で心理状況が変化すると言われます。

まず、ペットを亡くされてから間もない時期にはそのショックで呆然とする段階が最初に訪れると思います。そして、そのショック状態がある程度治まってから、怒りや罪悪感、脱力感、情緒不安定など、悲しく苦しいという段階が訪れます。

ここではそれぞれの段階で具体的にどういう気持ちになるのかを私が見聞きしたことも含めて書いていきますが、全ての人に該当するとは限りません。

【ショックで呆然とする段階】
まず、ペットを亡くした直後は多くの方がペットが亡くなったことを現実のものと受け入れることができません。このことは事前に死が訪れるとわかっているかどうかはあまり関係はありません(事前にわかっていた場合では、それを受け入れるまでの時間は短い傾向があります)。

「死んだなんて信じられない」「死んだんじゃなくて眠っているだけ」と言っている飼い主さんも中にはいるそうです、周囲の人から亡くなったと伝え聞いた時などは、「そんなことはあり得ない」「絶対にうそだ」と、伝えた方に対して反発する方もいらっしゃるようです。

これは何も不自然な状態・おかしなことではありません。絆が深ければ深いほど、そういう気持ちになることは人間に対してだけでなく家族同様に愛したペットであっても同じなのでしょう。死という衝撃的な出来事に対する心の拒絶反応・防御反応とも言える、心の正常な反応だといえます。

そこまで強い拒絶反応を示さなくとも、たとえ事前にペットの死を覚悟していたとしても、その現実を突きつけられた瞬間から少しの間はどんな飼い主さんでも呆然とするものでしょう。

もしこれをお読みいただいている方の周囲にそうした飼い主さんがいらっしゃったとしたらお願いしたいのですが、飼い主の方がそうした(周囲からは想像できない)反応を示すということを理解してあげてほしいと思うのです。それほど、人間は愛するものの死に対しては弱い生き物なんです。

必ずいつかは、現実にペットの死は訪れています。最初は拒絶していようとも、時間と共にそのことが現実なのだということを飼い主さんも理解し始めます。そうするとペットロスの第二の症状、悲しさと喪失感に苦しむ状態に入ります。

【悲しさと喪失感に苦しむ】
具体的には(死の訪れ方にもよりますが)まず怒りの感情が強く表れます。

例えば動物病院で亡くなった場合はその獣医さんに対して、「なぜ救えないんだ!」と詰め寄ったり、事故で亡くなった場合はもちろんその事故を引き起こした相手に猛烈な怒りをぶつけ、仕返しすら考える方もいます。さらには、ペットが亡くなっても平然としている家族に対してまで怒りを覚えたり、何もメッセージを残さずに亡くなったペットに対しても「なぜ勝手に旅立ってしまうんだ」といらだってしまうこともあります。

しかし、そのペットの死が避けられなかったことがわかると最初は怒りを撒き散らしていた飼い主さんも次第に自分自身でその怒りが理不尽であることを悟って、だんだんと怒りが薄れてくるようになるでしょう。

そうすると次に罪悪感や悲壮感の感情が入り混じった感情が表れ始め、無気力になったり情緒不安定になったりするなどの意気消沈症状が感じられるようになると思います。

自分がもっと注意していればペットを救えたのではないか、もっと早く病気に気づいてあげることができたのに気づかなかった自分は飼い主失格ではないかなどと考えてしまったり、また、安楽死などで自らの意志によってペットが最期を迎えた場合などは特に罪悪感は強く、その選択をした自分を責めてしまうことがよくあるようです。

そうした罪悪感と同時にペットがいない悲しさや空虚感を、時間の経過とともに実感していくことになります。ふとしたきっかけでペットが生きていたことを思い出し、しかし目の前にはいないという現実とのギャップを感じて急に悲しくなってぼろぼろと泣いてしまったりすることもあるでしょう。

飼い主さんの言葉を借りると「体の一部が失われてしまったような感覚」というほどの喪失感を感じる方も少なくはないのです。こうして罪悪感や喪失感から、影響が大きい場合には食欲不振や睡眠障害などの症状が見られることもよくある症状です。

ただ、これは健康面でも良くないですし、体調が悪くなると精神面もますます病んでしまうという良くないサイクルに入ってしまいます。なので、あまりに症状が長く続く場合は専門家の方に相談するなどの対応が必要にもなってくるでしょう。

こうしたペットロスの第二段階は一般的にはペットとの別れから数時間から数日で始まって、通常2週間以内に最も強く影響が表れるというに言われています。ただ、最初の頃はこうした状態が頻繁に起こりますが、次第にその頻度は減っていくという方が多いようです。

これらが大まかなペットロスの具体的症状になります。実は私自身も自分の飼っていた犬が亡くなった時、こうした感情を経験したことがありました。そのときは本当に悲しい気持ちになり、すごく泣いてしまいました。でも今考えると、それは愛する家族の死を受け入れるためには避けては通れない心のごく自然な反応だったのだろうと思っています。

Valuable information


  UP

火葬
・火葬の方法
・搬送車・送迎車
・火葬車
・火葬の種類

葬儀・通夜
・供養
・通夜、葬儀、法要のちがい

信頼できる業者選び
・ポイント1
・ポイント2
・ポイント3
・ポイント4

ペットロス症候群
・ペットロス症候群とは?
・ペットロスの認知度

ペットロス症候群2
・症状 その1
・症状 その2

>>お問い合わせ

Copyright (C) 2008 ペットは心の中に。.All Rights Reserved.