ペットは心の中に。

ペット葬儀・ペット火葬・ペット霊園 「ペットは心の中に。」かわいがってたペットの最後の別れをお手伝い。

ペットロス症候群について

ペットロス症候群とは?

「ペットロス症候群」とはペットとの死別をきっかけに発生する精神的・身体的不調のことで、たとえば“うつ症状”や“不眠”“食欲不振”など様々な症状があらわれてきます。

これは精神的な病気というわけではありません。個人差はありますが、喪失体験をした人であれば自然と経験することでしょう。

愛情をかけた分だけ、一緒に暮らした期間が長い分だけ、その悲しみは大きいのかもしれません。「自分のせいで死なせてしまった」と自分を責める気持ちがわいて来ることもあるでしょう。しかしそれは異常なことでは全くありません。

「ペットが死んだくらいで・・・」「また新しいのを飼えばいいじゃないか」と周囲の心ない言葉に、ひどく落ち込んだりすることもあるかもしれません。そして「いつまでも悲しんでいてはペットが成仏できないよ」という慰めの言葉も辛く悲しく感じることもあるかもしれません。

でも、あなたが感じている悲しみは、愛情があったからこそ感じる悲しみなのかもしれません。時間があなたの傷を癒し、立ち直り、いつもの生活に戻ることができるはずです。深い悲しみを乗り越える頃には、心の傷はペットへの温かい感謝の気持ちへと変わり、前向きに生きることが出来るはずです。その悲しみを乗り越えまた、新しいペットが欲しくなったら。

 

ペットロスの認知度

ペットロスについては、1982年にアメリカのHerbert A.NieburgさんとArlene C.Fischerさんが記たPET LOSSに詳しく書かれていますが、その翻訳書"ペットロス 家族動物の死を看つめて | 訳:田村博昭 | 文芸社"が日本で発刊されたのが2004年になります。ようやく日本でもペットロスの概念が知られるようになってきたのかな、と思いましたが実際には残念ながらまだまだ一部の人たちにしか知られていないようです。

悲しいことにはペット葬儀を行う業者さんの中にもペットロスをしっかり理解されていない人がいることです。職業柄、毎日動物の死を目の前にしていることは、その悲しみを麻痺させてしまっていることもあるのかもしれませんね。残念ながら、飼い主さんに直接対面する従業員の方がきちんと理解できていて、適切に対応できるペット葬儀会社はそれほど多くありません。

 


  UP

火葬
・火葬の方法
・搬送車・送迎車
・火葬車
・火葬の種類

葬儀・通夜
・供養
・通夜、葬儀、法要のちがい

信頼できる業者選び
・ポイント1
・ポイント2
・ポイント3
・ポイント4

ペットロス症候群
・ペットロス症候群とは?
・ペットロスの認知度

ペットロス症候群2
・症状 その1
・症状 その2

>>お問い合わせ

Copyright (C) 2008 ペットは心の中に。.All Rights Reserved.